本文へ移動

社員インタビュー

先輩の主な出身校

九州大学、福岡大学、第一薬科大学、熊本大学、長崎大学、広島大学、東京大学、帝京大学、東邦大学、
日本大学、千葉大学、北陸大学、摂南大学、福山大学、昭和大学、就実大学、崇城大学、東京薬科大学、
東北薬科大学、神戸学院大学、京都薬科大学、昭和薬科大学、明治薬科大学、徳島文理大学、共立薬科大学、
金城学園大学、九州保健福祉大学、慶應義塾大学、広島国際大学、鹿児島大学、新潟薬科大学、神戸薬科大学、
星薬科大学、静岡県立大学、長崎国際大学、日本薬科大学、武庫川女子大学、武蔵野大学、北海道大学、
北海道薬科大学、名城大学、明治薬科大学、立命館大学(順不同)

先輩の声

田中薬局 八起 桃子さん(長崎国際大学・長崎県出身・新卒採用)

アガペ調剤薬局に決めた理由は何ですか?
私がアガペに入社したきっかけは、人事の方がとても話しやすく社員を大切にしている会社であるという印象を受けたからです。
新人研修、2年目研修と教育制度が充実しており薬剤師としてスムーズにスタートできると思いました。
また自分の希望する九州、関東を中心に店舗があり、いろんな患者様と接しさまざまな科の疾患の勉強ができるのも魅力でした。
 
業務をする中で患者様に名前を覚えていただいたり、服薬指導時に今後につながるヒアリングができたり、また些細な質問でもきちんと答えて笑顔になっていただけたりした時にやりがいを感じます。
現在、認定薬剤師の資格取得を目標として頑張っています。
 
 
休日の過ごし方は・・・?
グループ内の店舗が多く、希望休が実現可能な職場なので休日は主に大学時代の友人と旅行やドライブに行ったりしています。また社会人になって舞台鑑賞などにも出かける機会が増えています。
就活中の学生さんへのメッセージ・・・》
薬学生のみなさんは、卒業研究、国家試験に向けての準備、就職活動など忙しい日々を過ごしていらっしゃると思います。アガペの薬剤師や社員をはじめ、多くの患者様がみなさんのことを待っています。是非、アガペでお逢いしましょう。

藤崎薬局 西 庸介さん(鹿児島大学大学院・鹿児島県出身・中途採用)

アガペに入社を決めたきっかけ・動機は何ですか?
 入社のきっかけは、友人に誘われ、アガペの先輩社員の方々と交流する機会を設けて頂いたことでした。
前職では、中小規模の調剤薬局に勤め、地域に根差した調剤業務のほか、大学との共同研究、労務管理など幅広い業務に従事してきました。
 自分が培ったノウハウを活かして、職場の環境作りをより改善したい・更なる事業規模拡大に貢献したいと思い、次の活躍の場としてアガペを選びました。
アガペの良いところは何ですか?
 中小規模チェーンのメリットを保持しつつ、事業拡大・全国展開しているところではないでしょうか。入社当初に想定していた以上に、自由に業務に挑戦できて、任せてもらえる職場環境です。
 更なる事業拡大に期待しつつ、やる気さえあれば、誰でも新事業に関われる可能性を強く感じています。
心がけている事は何ですか?
 常に職場の環境を少しでも改善できればと思っています。固定観念にとらわれず、新しいことに挑戦するには、周囲の方の協力も不可欠です。お互いに信頼できる職場環境でありたいと考えています。
今の目標は何ですか?
 様々な業務に関わることで、患者様により新たな価値観やサービスを提供したいと考えています。薬剤師としての職能・フィールド拡大を積極的に行い、より一層患者様から選ばれるインバウンド(再来訪や電話対応等)な薬局を展開・支援できればと考えています。
休日の過ごし方は・・・?
 オフでも職場の先輩方や友人と会うこともしばしばです。食事や酒席を通して、普段とは異なる環境で人と接することで、結論が出なかった業務の答えが閃くことがあります。また、国内外問わず、フルマラソンに挑戦しています!
就活生へのメッセージ・・・
「変化を楽しめる人」「新たな価値観を創出したい人」
医療業界は2年に1回、大きく変化します。変化を楽しみつつ、新しいことにチャンレジできる皆様と一緒に働けたらと思っています。

アガペ・エコ薬局 山本 航平さん(福岡大学・熊本県出身・新卒採用)

アガペに決めた理由は何ですか?
 私は大学時代成績があまり良いほうではなく、6年生を卒業した後に即戦力として働けるか不安を抱えながら就職活動を行っていました。そのため実務実習の受け入れ状況や店舗数をみて、指導して下さる先輩が多く、系列店舗間の距離が近い薬局を希望し就職活動を行いました。
アガペの良い所は何ですか?
 就職した後は複数の店舗を経験し、店舗毎・先輩毎の知識・注意点、患者指導方法などを教えて頂きました。多科の処方箋の来る薬局に異動を希望した際は自分の希望を通していただけました。
 若い薬剤師であっても仕事に対する評価がしっかり行われ、現在は管理薬剤師として働いています。今ではむつみ会(社員会)にて薬学教室を開催し、自分も新人薬剤師のサポートを行う立場となりました。これも月1の楽しみとなっています。
 管理薬剤師となり、他店舗の管理薬剤師の方から助言や協力を頂き、改めて店舗(管理薬剤師)数の多さと店舗間距離の近さのメリットを感じています。自分に不安を感じてたり、周りの他店舗も経験しながら薬局薬剤師をされたい方におススメの職場です!
 
休日の過ごし方は・・・?
 社内にはゴルフやマラソン、旅行などアウトドアが好きな方も多いですが自分はインドア派です。休日は漫画・動画サイトを観たり、飲み歩きなどをして過ごしています。外に出るのは飲みに出歩くことがほとんどです。少年誌を始め幅広く多くの漫画を読んでおり、最近は動画サイトなどで漫画・アニメの考察動画やゲーム実況を見る事も多いです。
 飲み歩きでは常連の方やマスター、他職種の方と仕事・人生などについて話したりしています。今年はサッカーワールドカップもあり、スポーツバーへ行くことも多いです。スマートフォンを片手に、外国の方々と翻訳しながら不慣れながらも会話をするのが楽しみになっています。ごく稀に日本の漫画を見に海外から来られた方と出会えた時はすごく感動しますね!日常英会話をもう一度習おうかと考えています。

保田窪薬局 仁木 富美子さん(福岡大学・熊本県出身・新卒採用)

アガペの良い所は何ですか?
 就活当初は自宅から通える薬局を探していました。初めての勤務は総合病院の近隣薬局だったため、様々な内容の処方箋に触れることができ、貴重な経験を積むことが出来ました。
 門前薬局で得られる知識は比較的限定されがちですが、店舗間の応援・異動等で、他科の知識を身につけるチャンスがあるのは、多数の薬局店舗を展開しているアガペのメリットだと感じます。
 そして、薬剤師として勤務5年目を迎えた今でも日々思うのは、患者様一人一人に対して誠実に向き合うことが何よりも大切だということです。知識や経験は自信になりますが、誠実さは信頼を得ます。それを教えてくださる先輩薬剤師の方がたくさん在籍されていることが、この会社の最大の魅力です。その背中を追いかけ、いつか追い越せるようにと、努力する毎日です。

横浜薬局 濱崎 亜希子さん(福山大学・福岡県出身・新卒採用)

アガペ調剤薬局に決めた理由は何ですか?
地元である福岡に多くの店舗があったからです。また、店舗数が多いということは、より多くの薬剤師と接することができ、自店舗以外の方たちと意見や情報交換ができると思ったからです。交流の機会として、旅行や忘年会など全体での行事があったのも理由の一つです。
そして、面接の際に社長と話をする機会があったのですが、その時の社長の雰囲気がとても親しみやすかったため、薬局内の雰囲気も良いだろうと思ったからです。

現在の業務内容は何ですか?
現在は納品した薬品の伝票入力やヒヤリ・ハットのデータ集計をしています。
ミスが起きない環境作りや多く発生しているミスの原因を調べ、みんなに注意喚起することでミスの減少に繋げています。他に、食事や生活習慣で気をつけることなどが記載された患者様向けのリーフレットの取り寄せもしています。人気のリーフレットが分かると、患者さんが知りたい情報を把握することができるため、服薬指導にも役立っています。また、現在までにOTCや薬品の発注・管理なども経験しました。
TOPへ戻る